豊橋市の歩んできた道

豊橋のおまつり

豊橋市では昔からあるおまつりもいくつかあります。

豊橋に住んでこれらの祭りを体感しましょう。羽田祭は10月第1土・日曜に開催される羽田八幡宮のおまつりです。 五穀豊穣を祈願して約700本の手筒花火が奉納されます。 この手筒花火は火薬を詰めた1本約5キロの手筒を、男衆が脇に抱えもって行われる花火です。 ふりそそぐ火の粉と爆音、そして男衆が勇猛果敢に挑む姿が見応え満点です。 祇園祭は7月第3金・土・日曜日に開催されるおまつりです。 三河伝統手筒花火発祥の地として知られる吉田神社境内で、手筒花火が約300本、 豊川河畔では打ち上げ花火約12,000本が奉納されます。 夜空を彩る勇壮な花火は天空の悪霊を吹き飛ばす最良の方法と伝えられています。 豊橋の夏の風物詩として市民の方々に親しまれている祭です。カップルで行くのももちろんありでしょう。地元豊橋市のこちらの結婚相談所では、真面目に結婚を考えた相手を紹介してくれます。

鬼祭は2月10・11日に安久美神戸神明社で行われる国指定重要無形民俗文化財です。 赤鬼が天狗に挑むからかいで敗れた赤鬼は境内を出て町内を駆け回り、道行く人に タンキリ飴と白い粉をまき散らします。 見物人は真っ白になってしまいますが、この飴を食べると厄除けになると伝えられています。 豊橋まつりは毎年10月の第3土・日曜日に開催される、東三河最大のイベントです。 ええじゃないか豊橋パレカ、ええじゃないか豊橋ダンスコンテストなど市民参加型の 多彩な行事が行われます。 花しょうぶまつりは5月下旬~6月中旬に賀茂しょうぶ園で開催されます。 300種・約37,000株の花しょうぶが咲きほこり、期間中はライトアップも行われます。